施術と医療レーザーとの違い

施術と医療レーザーとの違い 脱毛サロンで受ける照射と医療レーザーの違いは、使用するマシンが異なること、医療機関か一般のエステかで結果にも差が出てきます。
エステの場合はエステ用の光を用いたマシンで照射をしていきますが、特に資格もなく使えるためとても弱い出力の設定です。
特殊な光を照射していき毛乳頭へのダメージを加えますが、弱いパワーなので壊すまでの力はありません。
厳密にいうと脱毛サロンの場合は減毛の効果であり、いくら回数を重ねても永久性のある結果にはならないです。
ですがゆっくりと少しずつ毛は減っていきますし、費用面もレーザー脱毛よりずっと安いのは魅力です。
医療レーザー脱毛はエステ用のマシンとは異なり、正式な医療機器であり医療資格を持つ者しか扱うことは認められていません。
出力設定も高くできますし照射をすることで、毛乳頭などの組織を完全破壊するため、永久脱毛をすることが可能です。
1回ごと高い出力で施術ができるため、エステ脱毛よりはるかに完了は早くなります。

脱毛サロンから医療機関に乗り換えるメリット

脱毛サロンから医療機関に乗り換えるメリット 脱毛サロンと医療機関のレーザー脱毛では、それぞれお互いからの乗り換えキャンペーンを行っていることがあり、それを利用することでお得な価格で施術を受けることが出来ます。
両者の違いや施術に使われるマシンの出力で、脱毛サロンでは出力のマイルドなものを使って行われていますので肌が弱い方にも最適です。
医療機関のものは出力が強いため、永久脱毛を希望する方に選ばれているのが特徴になっています。

最近脱毛サロンからクリニックの施術に乗り換える方が増えています。
これはサロンに通ってお手入れを続けていたものの、完全に無毛の状態には至らなかったり永久脱毛がしたくなった方などの間では、クリニックの永久脱毛にしたいという考えに切り替わる方が増えているためでです。
クリニックのレーザー脱毛なら数回施術を繰り返すことでムダ毛は生えてこなくなりますし、その後お手入れに通う必要もなくなりますので両脇やすね、腕などの施術で選ばれています。